アールデコ アンティークレッスン

アンティークレッスンNo9 〜アールデコジュエリーの金属の王様プラチナ〜

もし、アールデコジュエリーのクオリティの高さとジュエリーが本物かフェイクかを知りたかったら、プラチナ製かどうか?とプラチナを示すホールマークが使われているかどうか?は重要なチェックポイントになります。

Cartier circa 1925
カルティエ アールデコプラチナ ブローチ 1925年頃

プラチナは本来自然に白色です、そして密度が濃く重い金属です。金とは違い大抵は950/1000のピュアな状態で使われます。例えばプラチナのリングの重さは18kの金のリングの重量よりも4割程重いのです。

Platinum-Hallmark
イギリスのプラチナのホールマーク 950/1000

プラチナは全ての酸、酸化(金のように)に耐性があり、1775度の熱に耐えます(金は1064度です)。
プラチナは他のどの金属よりも耐久性が強く摩耗しにくい為に、艶や輝き長く保つ事ができます。他のどのような素材もプラチナのようにエレガントに、作られたばかりの日の艶や輝きを保ち続けることは出来ないでしょう。

そしてさらに素晴らしいのは、ピュアなプラチナの性質は金属アレルギーを起こしにくいので、敏感な肌の人々でもジュエリーを楽しむ事が出来る事です。

プラチナは17世紀のコロンビアで発見されました。しかしこの時代にプラチナはまだジュエリーの素材としては使われません。あまりにも丈夫で加工することが困難だった為です。

ES2319
プラチナ製 砂糖入れ 1786年 メトロポリタンミュージアム所蔵

加工の難しかったプラチナですが、1786年にフランスの金細工師、Marc Etienne Janetyが砂糖入れにプラチナを使う事に成功します。現在この砂糖入れはニューヨークのメトロポリタン美術館に収蔵されています。

1825年にはロシアのウラルでプラチナの炭坑が発見され、100年に渡り、主要な炭坑となりました。
1888年にプラチナはカナダでも発見され、1920年から1950年の間に主要な炭坑になりました。そして、1924年に南アフリカでもプラチナは発見されます。

e0_color-gold-locket-pendant-antique-jewellery-2_460x382
カラーゴールドと、貴重な金属プラチナ が使われたジュエリー例  1880年頃

19世紀の間、プラチナは主にピンクゴールド、グリーンゴールド、イエローゴールド等の3カラーゴールドの細工と共に、上記写真で確認できるようなごくごく小さなパーツに使われていました。

19世紀後期より、1920年以前の20世紀初期にかけて、ジュエラーはダイヤモンドを留める銀の変わりにプラチナを使い、金の土台にセットしていました。
何故なら、プラチナは色が変わらなかった為(シルバーは酸化により色が変化します)と、耐久性に優れていたからです。
ヨンカーやホープなどの世界の最も有名なダイヤモンドもプラチナにセットされています。

1235
フランスのホールマーク  プラチナ 950/1000

1912年の12月、フランスでプラチナを示す新しいホールマークが生まれました、それは 犬の頭の形のホールマークです。1912年12月以前、プラチナには18kのホールマークが使われていました。
sell_platinum
イギリスのプラチナのホールマーク

そして、イギリスでも特別なホールマークがプラチナに使われていました。

Cartier 1910

ベルギー女王のダイヤモンドのプラチナ製の冠 カルティエ 1910年

20世紀初期にカルティエは、時代を見据えた芸術的な直感によりオールプラチナでジュエリーを作る事に挑んでいます。

Duke Edward VIII and Duchess Wallis Simpson
ウィンザー公爵、ウィンザー公爵夫人

ウィンザー公爵夫人は、昼はゴールドジュエリー、夜に身に纏うジュエリーは一級品の証プラチナ製のジュエリーのみを選んでいました。

 

18735

18kのフレンチホールマーク

1930年以降、ジュエラー達は特にプラチナ製のジュエリーの需要の高まりを感じていましたが、プラチナは金の30倍珍しく高価な金属だったのでジュエラー達は低価格のジュエリーにはプラチナの変わりに ホワイトゴールド を使い始めるのです。
金は自然な黄色で、ホワイトゴールドとはイエローゴールドに他の金属を混ぜたものです(大抵は750/1000の金と250/1000のニッケルです)

 

chien + aigle

 

フランスの18kとプラチナの両方のマークが一つのジュエリーに打ち込まれている例。

一部のジュエラー達はホワイトゴールドとプラチナを同じジュエリーに使っていました、例えば、指輪のフープにはホワイトゴールド、貴重なダイヤモンドを留める爪にはプラチナを使っていたり、または金とプラチナの色の差を隠すためにロディウムめっきとして表面を覆うこともあります。しかし、ロディウムは使用にともない摩耗してくるので地の金色が少しづつ見えてきます。

Cartier 1949

カルティエ ブローチ プラチナ、ホワイトゴールド、サファイヤ 1949年

1940年以前、最高品質のジュエリーには全てプラチナが使われていましたが、1940年〜1945年の間にはプラチナは戦争に使われ、ジュエリーからはほぼ姿を消します。しかし、カルティエのような有名なジュエラー達は高価なジュエリーにはプラチナ(時にはホワイトゴールドを混ぜていました)を使い続けていたのです。

アールデコジュエリーがプラチナかホワイトゴールドか確実に知るには、ジュエラーもしくはディーラーは特別な酸で金属をチェックする必要があります。

しかしより簡単な方法はホールマークを確認することでしょう。

ホールマークについてもアンティークレッスンでご説明していますので、興味のある方はこちらから是非ご覧下さい。

アンティークレッスンNo7~ホールマークの大切さ 金の品質 年代 産地〜

 

Parisのアンティークディーラー 仙波亜希子 Akiko semba

お問い合わせ      info@antique-gallery-soleil.com
携帯電話    080-3364-3978
仏電話番号   0033(0)9 53 53 51 47
skype アドレス  antiquegallerysoleil
メールマガジン Soleil Members お申し込みはこちら
アンティークレッスン No4  フェイクアールデコジュエリー編  (ポイント説明)

アンティークレッスンNo4フェイクアールコジュエリー編を再開したいと思います。

(予習)で掲載した写真はご覧頂けましたでしょうか?(^-^) 普段はこういった事をじっくり考える機会もなかなか無かったのではないかと思います。

予習で掲載した写真はすべてフェイクです、あまり綺麗な写真ではありませんでしたが、アンティークジュエリーに見える品ばかりだったと思いますし、 フェイクアールデコジュエリーが存在する、ということを感じて頂ければ嬉しいです。

今回は見分けるポイントを文章でお話したいと思います。

まず、文章だけを掲載しますから、文章をよく読んでみて下さい。そして次回のレッスンより写真付きでそれぞれのポイントを少しづつ解説したいと思います。

1) デザイン

フェイクアールデコのデザインは本物よりも劣ります。

フェイクのデザインからはインスピレーションが感じられないものが殆どです。例えば、フェイクは全体のデザインがどっしり直線すぎたり、デザインにポイントがない為に重く見える事がよくあります。でも、これだけではフェイクだということにはなりません。アメリカのアールデコ作品はエレガントさにかける場合がよくあるからです。

2) 作り

作りはおそらく、フェイクを見分ける上で最も重要な要素だと思います。大抵のフェイクジュエリーと本物のジュエリーは作りには違いがあります。

通常フェイクジュエリーの仕上げには雑さがみられます、もっともよくわかるのは裏の作りでしょう、石の裏の穴の開け方が丸い穴だけであったりします、またフェイクのミルグレーションは本物のミルグレーションとは違います、そしてフェイクのセッティングと本物の石のセッティング、特に爪止めなどにも違いが現れます、接合面でもフェイクと本物では違いがあります。

クオリティの低いフェイクジュエリーは機械で作られており、手仕事ではありません。

3) 金属

金属も非常に重要なポイントです。

高品質のアールデコジュエリーはプラチナで作られます、ホワイトゴールドではありません。

そして、時々ホワイトゴールドをブローチの裏、リングのフープ部分などに部分的にプラチナと共に使う事があります。また、プラチナと混ぜられたイエローゴールドを(裏面など)見ることができます。しかし、金の色はモダンのジュエリーと古いジュエリーでは差があります。もし、全てがホワイトゴールドでアールデコジュエリーと呼ばれるジュエリーがあったら気をつけて下さい。

4)石

大抵の場合、フェイクメーカーは貴重な石を使わず、価値の低い石を使います。例えば、大きなダイヤモンドやバゲットカットよりも小さなダイヤモンドを好みます、また、半貴石の場合は珊瑚や翡翠よりも価格が低いオニキス、水晶、ラピスが良く使われます。

そして、着色した翡翠や中国産の珊瑚がつかわれたアールデコジュエリーと呼ばれるジュエリーがあったら特に気をつけて下さい。

5)石のカッティング

オールドカットのダイヤモンドを使っているからと言ってそれは本物のということにはなりません!フェイクメーカーはオールドカットのダイヤモンドをフェイクアールデコジュエリーによく使う事があるからです。そして、エメラルド、ルビー、サファイヤなどのカラーストーンのカッティングがモダンのカッティングであった場合も気をつけて下さい。

6)チェーン

フェイクペンダント、フェイクネックレスにフェイクメーカーはモダンのチェーンをよく使います。それは古いチェーンが貴重で見つけるのが難しいからです。アールデコジュエリーと呼ばれるジュエリーのチェーンがモダンのチェーンに見える場合、作りがモダンの場合、モダンのデザインの場合、使われた形跡がない場合は気をつけて下さい。

7)ホールマーク

通常、アンティークには金属を表すホールマークが打たれています。特にフランスのアールデコジュエリーはそうです。しかし、フェイクアンティークジュエリーにホールマークを見つけることは大抵の場合はできないでしょう、時々モダンのホールマークが打たれていることがありますが、それは明らかなフェイクの証になります。アールデコジュエリーと呼ばれるジュエリーにホールマークが無い場合は気をつけて下さい。

8)使用感

古いジュエリーには大抵の場合は使用感が見られます。フェイクには使用感がありません、約100年は立っているアールデコジュエリーに使用感が全くないのは奇妙ですね、もし、アールデコと呼ばれる新品のように見えるジュエリーがあったら気をつけて下さい。

今回、沢山のポイントをお話しましたが、一つのチェックポイントに当てはまるからと言って、それがフェイクアンティークジュエリーになるかというとそうではありません。

例えば、、、

接合面がモダンの場合、それは現代の修理の可能性を示すだけでフェイクではないかもしれません。

モダンのチェーンがついていた場合や、モダンのストーンがついていた場合、それは後にモダンのチェーンが着けられたり、石を取り替えた可能性があり、フェイクではないかもしれません。

ですが、アンティークレッスンでも繰り返しお話しているように、一つの品物に沢山のチェックポイントが当てはまってしまった場合は、フェイクジュエリーと判断する材料になるのです。

そしてまた一方で、一つの良いポイントがあったからと言って、それが本物であるという証にもなりません。

注意深いフェイクメーカーは古い石を使ったり、人工的な使用感を加工したり、本物の古いチェーンをフェイクジュエリーにつけたりするからです。

 

もし、あなたが持っているアールデコジュエリーがフェイクかどうか知りたくなった方は、どうぞお気軽にお問合せ下さい。鑑定には鮮明なお写真が必要になります。

 

(鑑定のサービスはSoleil Membersの方に限ります。お申し込みはこちらからどうぞ☆

 

☆次回のレッスンからは写真を取り入れて、具体的にポイントの説明をいたします☆

 

 

Parisのアンティークディーラー 仙波亜希子 Akiko semba

Antique Gallery Soleil http://www.antique-gallery-soleil.com/

携帯電話    080-3364-3978(年中無休)
仏電話番号   0033(0)9 53 53 51 47
skype アドレス  antiquegallerysoleil
メールマガジン Soleil Members お申し込みはこちら
アンティークレッスン No4  フェイクアールデコジュエリー編 (予習)

 

アンティークレッスンNo4 アールデコジュエリー編 はフェイクアールデコジュエリーを購入しない為 に役に立つ情報が多いと思います、読んで損はないレッスンですので是非お読みになって下さいね。

アールデコジュエリーのモダンで洗練されたデザインは現代の感覚に似ていて着けやすいですし、貴重なアンティークジュエリーを所有して身につけているという喜びもしっかり感じて頂けるので、日常生活には取り入れやすいアンティークジュエリーとして好まれています。

そんな人気のあるアールデコジュエリーですが、市場ではフェイクもよく見かけるようになってきました、日本へも本物という説明の元に自然に流れてきています。現地でもきちんとフェイクだということで売っているディーラーもいますが、フェイクと知りながら本物のアンティークジュエリーだということで売っているディーラー、フェイクだと見抜けなくて売っているディーラーもいますので、自分の身を自分で守る為にも認識を深めて頂きたいと思います。

本来、本物のアールデコジュエリーは大変貴重で、優れた作品を見つけるのは簡単な事ではありません。市場ではかなりレベルの高いフェイクアールデコジュエリーが出回っており、本物かフェイクかを見抜くのは、現地の生の情報をしっかりつかみ、きちんとした経験を積まないとかなり難しい事ですが、いくつかのポイントに絞ってお話させて頂きたいと思っています。

それでは皆様にお話させて頂く前にアールデコのジュエリーの写真を何枚か掲載致します。とても綺麗なジュエリーだと思いませんか? でも、これらのジュエリーが本物かフェイクか、写真が小さくて申し訳ないのですが是非冷静にお考えになってみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

皆様に良く考えて頂く為に少し時間を置いてからアンティークレッスン No4 フェイクアールデコジュエリー編を始めたいと思います。

 

Parisのアンティークディーラー Akiko semba

Antique Gallery Soleil http://www.antique-gallery-soleil.com/

携帯電話    080-3364-3978(年中無休)
仏電話番号   0033(0)9 53 53 51 47
skype アドレス  antiquegallerysoleil
メールマガジン Soleil Members お申し込みはこちら